”ƒ‚¢‚½‚¢•û‚ւ̏î•ñ ”„‚肽‚¢•û‚ւ̏î•ñ ƒI[ƒvƒ“ƒnƒEƒX ŽØ‚肽‚¢•û‚ւ̏î•ñ ‘Ý‚µ‚½‚¢•û‚ւ̏î•ñ Œõ‚ª‹u‚Í‚±‚ñ‚ÈŠX‚Å‚· ‚·‚Ü‚¢‚éî•ñ‚Í‚±‚ñ‚ȉïŽÐ‚Å‚·
■現在位置:ホーム武藤正子のワンポイントアドバイス>我が家をよい人に譲りたい
TEL:03-3825-6411 FAX:03-3825-6802
サイト内検索
←前のアドバイス

アドバイスのバックナンバーはこちら

  コロナ禍での団地管理組合総会 (2021年6月11日号)


今年も団地総会の季節となりました。6月中旬のところもありますが、ほとんどの組合が5月末、コロナ禍での2年連続の縮小総会となりました。

しかし昨年の緊急事態と違い、区民センターなど公的な場所が人数制限はありましたが、借りられたようです。
光が丘の管理組合によっては役員の2年制(半数入替え)と1年制を取っているところがあります。1年制だと、やっとなれたところで次にバトンタッチです。
しかしある団地で1年制を2年制にと検討したところがありましたが、組合員達の声として「1年だから何とか引受けられる」「2年はきついです」との意見で1年制が続行となりました。
総会に出席される人達は組合運営に日頃から熱心な方や関心のある方々だと思います。その熱い思いから時には発言が語気強くなったり、自説の論理を述べる方もいらっしゃいます。初参加の次期役員さんなどこの応酬に驚いてしまった方々もおられるようです。理事会と組合員の対立のような構図でなく、皆一つ屋根の下、これからの自分の住んでいる団地の未来を建設的に話せる質疑の場にしたいですね。そうでないと、これからの役員のなり手がなくなってしまいます。輪番制も既に限界に来ているのかもしれません。
いろいろな質問、意見から自分になかった発想、考え方、気づきなどを、これからの人生の収穫物として前向きにとらえることも生き方のひとつかなと思います。

    
(株)すまいる情報光が丘        
代表取締役社長   武藤 正子
このワンポイントアドバイスは、仲介の現場で現実に起こっている事を私の経験からアドバイスとして掲載しております。
自分の場合はどうなのか知りたい。もっと突っ込んだ質問をしたいとお考えの方など、私、社長の武藤にご相談ください。
きっとお役に立てると思っております。プライバシーについては充分注意しますのでご安心ください。
ご相談は・・・ ●電話:03-3825-6411 お問合せフォームはこちら
●FAX:03-3825-6802 ●Eメール:info@smilehikari.com
当社への資料請求等には、事前に「個人情報のお取扱いについて」を
ご一読いただき内容をご理解いただいた上で送信してください
アドバイスのバックナンバーはこちら
←前のアドバイス
相続・普通の家庭がいちばん揉める



武藤正子プロフィール→

| ホーム | 買いたい方への情報 | 売りたい方への情報 | オープンハウス | 借りたい方への情報 | 貸したい方への情報 | 光が丘ってどんな街? | 武藤正子のワンポイントアドバイス |
| すまいる情報どんな会社? | お問合せ | サイトマップ |
©2006 SMILE-HIKARI